紫外線対策でシミ、シワの対策を!メンズスキンケアのUVケアの方法

男性のUVケアの方法

紫外線対策でシミ、シワの対策を!メンズスキンケアのUVケアの方法

男性日焼けした小麦色の肌にあこがれを持ったりする人も多いですが、
紫外線による日焼けは肌にとっては天敵です。

 

10代、20代の若いときであれば、
肌に水分があり、バリア機能もしっかりとしてますし、
肌の再生能力も高いのでシミやシワになら無い事も多いです。

 

しかし、30代に突入すると水分量が低下したり、バリア機能も弱まってくるので、
シミやシワになりやすく老けて見られる原因になります。

 

シミやシワ、たるみの約6割は紫外線による光老化が原因とも言われているので、
しっかりと対策して肌のトラブルを防ぎましょう。


正しいUVケアの方法

紫外線対策でシミ、シワの対策を!メンズスキンケアのUVケアの方法

UVケアは基本的に日焼け止めを塗っていきます。

 

成分などにもよるのですが男性は皮脂の量が多いので、
べたつかずに塗る事が重要になります。

 

日焼け止めの正しい塗り方は4つのステップで行います。

 

正しいUVケアの4ステップ

  1. てのひらに日焼け止めをとる
  2. シミの出来やすい所に日焼け止めをおいていく
  3. 日焼け止めを外側に向かって広げる
  4. 塗り残しが無いか確認する

 

以上の4ステップです。

 

それでは詳しく解説していきます!

 

その1、てのひらに日焼け止めをとる

てのひらに日焼け止めをとってください。
量が少ないと効果が半減するので、
説明書をしっかりと読んで適量とってください。

 

その2、シミのできやすい所に日焼け止めをおいていく

シミができやすいのは目の下と頬骨、フェイスラインなどです。
そういった場所に少しづつ日焼け止めをおいていきます。

 

その3、日焼け止めを外側に広げていく

少量ずつおいていった日焼け止めを外側にのばすように塗っていきます。
力を入れずにやさしくのばしていってください。

 

その4、塗り残しが無いかチェック

塗り残しが無いかを鏡でみてチェックします。
シミのできやすいゾーンはしっかりと確認してください。


日焼け止め化粧品の数値と使用量をしっかりチェックする

紫外線対策でシミ、シワの対策を!メンズスキンケアのUVケアの方法

日焼け止めの化粧品にはSPFやPAといった紫外線をかっとする強さを表す数値がかかれています。

 

適量をしっかりと知ったうえで使わないと日焼け止めの効果をしっかりと得る事ができません。

 

ちゃんと数値と適量を把握して使うようにしましょう!

 


最近は飲む日焼け止めなどでの予防も効果的!

2016年に飲む日焼け止めが解禁されて女性芸能人やモデルの方などが愛用して話題となっています。

 

飲む日焼け止めとはサプリメントのようなもので服用するだけで日焼け止めの効果がある商品です。
体内から紫外線をブロックする事で日焼けを抑える事ができるので、
唇や目元などの紫外線対策がしにくい所や、髪の毛や頭皮などの無防備な部分もしっかりとケアできるので話題を集めています。

 

飲む日焼け止め自体は以前からあり、日焼けしやすい欧米人の間では一般的に使われていたのですが、
日本では店舗などで売られておらず輸入したり、美容外科などで処方される以外手に入れる事ができませんでした。

 

しかし、2016年に解禁されて日本の国内ブランドも参入するようになり、
話題を集めています。

 

サンオイルのように塗りなおしたり、べたつくなどのデメリットもなく、
天然成分で構成されているサプリなので体に害もなく美容効果もあるほどです!

 

効果や成分などを知りたい方はこちらのサイトを参考にしてください。

 

【2017年】効果のある飲む日焼け止めはコレ!

関連ページ

洗顔方法
毎日のスキンケアでかかせない洗洗顔ですが、ほとんどの人が自己流の間違ったケアの方法を実践しています。この記事では正しいスキンケアの方法を解説してます。
うるおす
男性の為に肌を潤すための化粧水や美容液の補給の仕方を詳しく解説しています。
皮脂膜を作る
洗顔をして化粧水や美容液で水分を与えたら皮脂膜を作って水分の蒸発を防ぎましょう!その方法を詳しく解説しています!
髭剃り
髭剃りはやり方を間違えると肌を傷つけてカミソリ負けなどを引き起こしかゆみの原因になったりします。 この記事では正しい髭剃りの方法を詳しく解説しています。