保湿は肌ケアの基本うるおすメンズスキンケア

肌をうるおすメンズスキンケア

保湿は肌ケアの基本うるおすメンズスキンケア

男性の肌は女性に比べて水分が少なく脂分が多いという特徴があります。

 

水分量が不足すると肌が乾燥を防ごうとして皮脂の分泌を過剰にします。
すると、水分量が少なく乾燥気味なのに皮脂が浮いて脂っぽくテカテカした肌になってしまいます。

 

洗顔の後にはしっかりと水分を与えて乾燥をふせぎ余分な皮脂の分泌を防ぎましょう。

 


肌をうるおす方法

保湿は肌ケアの基本うるおすメンズスキンケア

洗顔後に肌をうるおすための方法を解説していきます。

 

毎日のスキンケアで洗顔とうるおいはセットで考えましょう!

 

肌をうるおすのは5つのステップ

  1. 手に化粧水、美容液をとる
  2. 肌の中心から外側へ化粧水、美容液を広げる
  3. 中指や薬指を使って細かい所になじませる
  4. 鼻や目のふちなどにもしっかり塗る
  5. フェイスラインをしっかりと覆って仕上げる

以上のステップです。

 

その1、手に化粧水や美容液をとる

てのひらを広げてたっぷりと化粧水や美容液をとります。
目安は10円玉よりもちょっと大きいくらいです。
顔全体にいきわたる量をとりましょう。

 

その2、顔の中心から外側へ化粧水、美容液を広げる

手にとった化粧水や美容液を顔になじませていきます。
ポイントは顔の中心から外側へ広げながらなじませていく事です。

 

この時にゴシゴシとこするようになじませるのではなく、
優しく塗っていくようにしましょう。

 

その3、中指と薬指で顔全体になじませる

乾燥しやすい目元や口元などには指を使って重ねづけをしましょう。
指は中指や薬指が力が入らずに塗れるのでいいでしょう。
指先ではなく指の腹の柔らかい部分でかるくなじませていきます。

 

その4、鼻や目のふちにもしっかりと塗る

鼻やめのふちなどは細かいので忘れがちな所です。
そういった所にも丁寧に塗っていきましょう。

 

水分量が少なくなるとしわやくすみの原因になり、
老けて見られるところです。
目の周りには十分にうるおいを与えて下さい。

 

その5、フェイスラインをてのひらで覆う

最後にUゾーンやフェイスラインなど全体を手で覆っていきます。
指ではなく手の全体で包み込むようになじませるのがポイントです。


化粧水と美容液どちらを選んだ方がいいのか?

保湿は肌ケアの基本うるおすメンズスキンケア

化粧水と美容液の選択ですが、
20代は化粧水、30歳を過ぎたら美容液がいいと思います!

 

化粧水と美容液の違いですが、

 

化粧水は水分を与える為の成分が多く含まれた化粧品です。

 

美容液は水分を与える効果以外にもアンチエイジングや美白成分などの、
肌に栄養を与えて肌をキレイにする成分が入っています。

 

コストは化粧水の方が安く、美容液の方が高い傾向にあります。

 

20代の時期には肌のバリアもしっかりとしていて、
水分量も多いので化粧水だけでも十分水分が足ります。

 

30代になって肌のバリア機能が低下してきて、
水分量が少なくなってきたら美容液を使う事をオススメします。


関連ページ

洗顔方法
毎日のスキンケアでかかせない洗洗顔ですが、ほとんどの人が自己流の間違ったケアの方法を実践しています。この記事では正しいスキンケアの方法を解説してます。
皮脂膜を作る
洗顔をして化粧水や美容液で水分を与えたら皮脂膜を作って水分の蒸発を防ぎましょう!その方法を詳しく解説しています!
髭剃り
髭剃りはやり方を間違えると肌を傷つけてカミソリ負けなどを引き起こしかゆみの原因になったりします。 この記事では正しい髭剃りの方法を詳しく解説しています。
UVケア
紫外線によるシミやシワは年を重ねるごとに目立ってきます。男性は特にケアをしない人が多いので、年齢を重ねるとシミが目立つ人を多く見かけます。この記事では紫外線対策のUVケアについて詳しく解説しています。