脂性肌(オイリー肌)はこれで改善!脂性肌の特徴と対策

脂性肌(オイリー肌)の特徴と改善方法

脂性肌(オイリー肌)はこれで改善!脂性肌の特徴と対策

普通の肌よりも、
皮脂の分泌が多くテカテカしたり、脂っぽい肌質の人のことを、
脂性肌オイリー肌)といいます。

 

特徴としては、
洗顔などをしっかりとしていても、
すぐに脂が浮いてきてしまったり、肌がテカったりしてしまいます。

 

皮脂の分泌が必要以上に多くなってしまうので、
赤いニキビもできやすい肌質です。

 

皮脂の分泌は男性ホルモンが促進するため、
男性は女性に比べて皮脂の分泌が多くなります。

 

特に10代、20代の男性は男性ホルモンが一番活発な時期なので、
テカリやニキビなどの原因になる脂性肌に悩む人が多くいます。

 

10代?20代前半の半数以上の男性が脂性肌に該当します。

 

脂性肌の一番の肌トラブルの原因は、
やはり「テカリ」です。

 

肌の表面に余分な皮脂が浮き出てしまいテカテカと脂ぎった肌になってしまいます。
脂は毛穴に詰ることによって毛穴が開いてしまい、
皮脂の分泌が正常に行われなくなりニキビの原因になったりもします。

 

しかし、脂性肌は悪いことばかりではありません。
肌のバリア機能は普通肌や乾燥肌よりもしっかりとしているので、
テカリやニキビ以外のトラブルはおこりにくい肌質です。

 

しっかりと余分な皮脂を取り除けば健康的な肌と言えるでしょう。

 

脂性肌(オイリー肌)の原因

  • 食事
  • 睡眠
  • ストレス
  • 間違ったスキンケア方法

脂性肌の原因は体質などによる部分が多いです。

 

しかし、
睡眠不足、偏った食事などの不規則な生活習慣や、
ストレスなどが原因でもなったりします。

 

睡眠、食事、ストレスなどは自律神経やホルモンバランスを乱します。

 

ホルモンバランスが崩れると新陳代謝が低下したり、
皮脂が過剰に分泌したりして肌のトラブルの原因になります。

 

また、脂が多く出るからといって洗顔をしすぎたり、
化粧水などのスキンケアを怠ったりしていると、
皮脂が過剰に分泌したりします。

 

洗顔のし過ぎで必要な皮脂を取り除いてしまったり、
洗顔後に化粧水をつけずにいると、
肌は乾燥を避けようと皮脂を過剰に分泌します。

 

こういった間違ったスキンケアによって脂性肌になってしまっている場合もあります。


脂性肌のトラブル

脂性肌(オイリー肌)はこれで改善!脂性肌の特徴と対策

テカリ

皮脂の分泌が過剰になり皮膚がテカテカと光ってしまいます。
脂とり紙やフェイスペーパーなどで対処はできますが、
時間が経つとまた皮脂が浮き出てきます。
洗顔などをしっかりとして根本から治療しましょう。

 

ニキビ

皮脂が毛穴につまって炎症を引き起こすとニキビになります。
10代、20代のほとんどのニキビは皮脂の過剰分泌によっておこります。
洗顔、保湿などのスキンケアをしっかりとしましょう。

 

毛穴の黒ずみ

皮脂が毛穴に詰ると毛穴が開きます。
それを長期間放置していると酸化して黒ずんでしまいます。
毛穴に脂がつまらないようにすることと、毛穴に詰った脂を取り除くことで
改善できます。

 

くすみ

くすみは本来、血行不良が原因でおこりますが、
毛穴に詰った脂が酸化して肌の生まれ変わりを遅らせることでもおこります。
毛穴に酸化して黒くなった角栓があることで皮膚が黒ずんでくすんで見えるのが原因です。
定期的に角質のケアなどをして改善しましょう。

 

赤ら顔(脂漏性皮膚炎)

顔が赤く炎症をおこしてしまう赤ら顔。
赤ら顔のほとんどが脂漏性皮膚炎を引き起こしています。
赤みやかさつきなどを伴う湿疹でかゆみや痛みが出る場合もあります。
できる場所は人によって様々で、Tゾーンや鼻の脇、頭皮や脇の下などに出てきます。
治療には生活習慣の改善やストレスの発散が効果的です。

 

肌のキメが粗い

脂性肌の人は毛穴に皮脂が詰りやすいので、毛穴が開きがちになります。
すると毛穴に凹凸が目立ちキメが粗くなってしまいます。
対象法は洗顔料をしっかりと泡立ててキメの細かい泡でしっかりと洗うと、
毛穴の奥までしっかりと洗えるので汚れをしっかりと落とすことがきるので効果的です。

 


テカりを抑えるポイント

脂性肌(オイリー肌)はこれで改善!脂性肌の特徴と対策

テカりの原因は過剰分泌した皮脂です。
ホルモンが活性化すると皮脂が過剰分泌して脂が浮いてテカりの原因になります。

 

そこでテカりの対策や予防法を6つポイントに分けて解説します!

 

洗顔を正しくする

肌の脂を気にして、1日に何度も洗顔をしたり、
ゴシゴシと強く擦って洗顔をするのは良くありません。

 

皮脂の分泌量が多くなったり、
肌を傷つけてしまう原因になります。

 

洗浄力の強い石鹸を使うのは良いのですが、
洗い方はしっかりと泡立てて皮脂の多い所をしっかりと洗いましょう!

 

⇒洗顔の正し方法はコチラで詳しく解説しています!

皮脂を拭き取りすぎはNG

洗顔から時間が経って、顔がテカってきたら、
脂とり紙等を使って皮脂を取り除きます。

 

皮膚の表面の脂がとれてさっぱりとして、
テカりも無くなります。

 

しかし、過剰に皮脂をとりすぎるのは良くありません。

 

洗顔と同じで皮膚を傷つけたり、
皮脂の分泌が過剰になったりするからです。

 

脂とり紙などを手にとって軽くトントンと抑える感じで使うのがいいでしょう。

ホットタオルを使って皮脂をガッツリとり除く!

ホットタオルを顔にのせてから洗顔をすると、
毛穴と角質が柔らかくなるので皮脂がとれやすくなります。

 

ホットタオルを使った洗顔方法は簡単です。

 

1、ハンドタオルを濡らして電子レンジで30〜60秒ほど温める!
(1000Wの電子レンジだと30秒ほどで出来上がります!)

 

2、少し冷まして気持ちよく感じるくらいの温度になったら、3分ほど顔にのせます。

 

3、その後、しっかりと洗顔をして化粧水や乳液などをつけます。

 

いつもの洗顔よりも皮脂はとれますが、
過剰に皮脂をとり除きすぎるのは良くありません!

 

週に2〜3回程度にしておいた方がいいでしょう!

脂性肌でもしっかりと保湿を!

「皮脂がでているので脂っぽいので顔に化粧品をつけたらべたつくのでは?」
と思いう方も多いのですが、
洗顔後に何もつけず乾燥しっぱなしの状態だと、
皮膚は乾燥を防ごうと過剰に皮脂を分泌してしまいます。

 

乳液やクリームなどは使わなくてもいいですが、
化粧水は使った方がいいでしょう。

 

脂性肌用のさっぱりとした、
スキンケア用品もありますので、
そういったものを選びましょう!

油分の多い食事やアルコールは控えめに!

揚げ物やお酒などを多くとりすぎると、
体内で中性脂肪に変わり皮脂のもととなります。

 

多くとりすぎるとテカりの原因になるので注意してください。

 

脂性肌の人に良い栄養素は、
ビタミンBとビタミンEです。

 

ビタミンBには皮脂の分泌バランスを整える効果があり、
ビタミンEには抗酸化作用があります。

 

ビタミンBは、
まぐろ、パプリカ、ささみ、鮭、バナナなどに含まれており、

 

ビタミンEは、
かぼちゃ、アボガド、モロヘイヤ、アーモンド、たらこなどに含まれています。

ストレスはしっかりと発散する!

脂性肌の原因の一つにストレスがあります。

 

ストレスは男性ホルモンを活性化させてしまい、
皮脂の過剰分泌にも影響してきます。

 

皮膚のトラブルや、薄毛などの原因にも影響してくるので、
ストレスはしっかりと解消しましょう!

 

ストレス解消のオススメ法

 

1、昼寝
昼休みに10〜15分ほど寝ると
気持ちにリセットされストレスが解消されます。
ちょっとした仮眠はオススメです!

 

2、運動
運動はストレス解消の定番ですが、
効果も抜群です。

 

激しい運動ではなく、
軽い運動をするだけでも効果はあるので、
是非試してみてください!

 

運動の機会や時間が無いという方は、
いつもより多く歩いたり、
エレベータを使わずに階段で移動したりするだけでも違います。

 

3、趣味
忙しい時間の合間に趣味に没頭する時間を作ると気分転換になります。
頑張りすぎて仕事や勉強をやりすぎるのもよくありません。

 

適度に息抜きの時間を作る方が良いでしょう!


関連ページ

乾燥肌
男性の乾燥肌の方の特徴や、改善策などについて詳しく解説しています。洗顔やスキンケアなどで乾燥肌は改善できます!
混合肌
脂っぽくテカっているところもあれば、カサついて乾燥しているところもある混合肌。スキンケアも難しいのですがしっかりとケアする事で改善します。そんな混合肌の特徴と対策を解説しています。