カサカサな乾燥肌はこれで改善!男性の乾燥肌の特徴と改善方法

男の乾燥肌の特徴と改善方法

カサカサな乾燥肌はこれで改善!男性の乾燥肌の特徴と改善方法

乾燥肌とは、
皮膚の角質層の水分が少なくなり肌が乾燥してカサついている状態のことです。

 

健康的な肌が水分量30%に対して、乾燥肌の人は20%以下の人もいます。

 

肌の角質層にはバリア機能があるので、
水分量が少ないとこのバリア機能が弱まってしまい、
トラブルが起こりやすくなります。

 

バリア機能は主に皮膚のトラブルのもとになる、
外的な刺激から肌を守る事と、
肌の水分をしっかりと保って蒸発を防ぐ役割をもっています。

 

角質層には天然の皮脂や、保湿因子、角質間細胞脂質などがあり、
これらが正常に働くことで皮膚の水分が保たれています。

 

しかし、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)がスムーズにできなかったり、
誤ったスキンケアをしているとセラミドや皮脂が足りなくなり水分が蒸発して無くなってしまいます。

 

すると肌は乾燥してカサついてしまうのです。

 

皮膚の表面に水分が不足すると肌が傷つきやすい状態になります。
すると炎症などもおきやすくなってしまうのでトラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因の多くは、
生まれつきの肌質と加齢による乾燥によるものです。

 

男性は女性に比べると皮脂の分泌は過剰の為、
乾燥肌の割合は少なめです。

 

男性の乾燥肌の多くは、
アトピーなどの小さい頃から肌にトラブルを抱えている人が多いです。

 

男性は30代後半から皮脂の分泌が少なくなり、
水分量が減ってくるのも乾燥肌の原因になります。

 

加齢とともに乾燥肌になりやすくなっていきます。

 

40歳を過ぎたらしっかりと保湿をしてケアをしたほうがいいでしょう。

 

ほとんどの場合は、
生まれつきの肌質と加齢が原因で乾燥肌になりますが、
毎日のスキンケアを怠ったり、間違った方法を続けていると、
乾燥の原因にもなります。

 

しっかりと正しいスキンケアで乾燥肌を予防しましょう!


乾燥肌が引き起こすトラブル

カサカサな乾燥肌はこれで改善!男性の乾燥肌の特徴と改善方法

乾燥肌の人は健康的な肌の人や、
脂性肌の人と比べてトラブルが起こりやすい傾向にあります。

 

引き起こしやすいトラブルをまとめたので参考にしてください!

 

シワ

シワは皮膚が乾燥するとハリを失い硬化して起こります。

 

水分量が少なくなった果物がしおれてしわだらけになっていくようなものです。

 

初期の段階ではしっかりとケアをすることでハリが戻り元通りになる事もありますが、
放置しておくと深いシワとなり取り返しのつかないことになります。

 

シミ

シミは紫外線が与えたダメージにより、
目に見えないかぶれや小さな傷がつき炎症を起こします。

 

それらが色素沈着を起こすと、
5年〜10年後にシミとなって現れる事があります。

 

乾燥肌の人はバリア機能が低下しているので、
炎症が起きやすくシミもできやすい肌になります。

 

かゆみ

肌に水分量が不足すると刺激を受けやすくなります。
するとちょっとした刺激でも過剰に反応してしまいます。
冬場などに風や衣服などが少し触れただけで、
かゆみが出るのも同じことです。
保湿をしっかりして肌を守る事で改善されます。

 

敏感肌

乾燥肌の人は水分と皮脂が不足するので、
バリア機能が働きづらく敏感になります。

 

すると、刺激のある成分を含んだ化粧品をつかったり、
ちょっとした刺激を受けるだけでかぶれや炎症を引き起こします。

 

セラミドやヒアルロン酸などの保湿をしっかりできる化粧品で、
ケアすると改善できる事もあります。

 

ひび割れ

ひび割れは唇や指先に起こります。
乾燥によって肌が水分を失ってハリが無くなり、
カピカピに固くなってしまうが原因です。

 

こうなると化粧品がしみたり、
キレて出血する事もあります。

 

放っておくとさらに悪化して敏感肌などにもなるので、
早めにケアをしましょう。

 

ひび割れには、
ワセリンが効果的です。

 

ワセリンはいろいろな軟膏や保湿剤にも使われている成分で、
水分の蒸発を防ぎひび割れの場所を保護できます。

 

くすみ

乾燥肌は水分量が少なく、
肌のハリやつやが無くなり透明感がなくなるので、
くすみの起きやすい状態といえます。

 

くすみは皮膚の細胞がはがれて凹凸ができてしまう事で起こります。

 

凹凸ができてそこに影ができ、暗く見えてしまうのがくすみの原因です。

 

肌がくすむと肌に明るさがなくなり、
暗い印象や、不健康な印象を与えてしまいます。

 

ニキビ

肌が水分量を失いバリア機能が低下すると、
回復させようとして皮脂の分泌を活性化させることがあります。

 

すると皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こしてニキビができます。

 

乾燥肌なのにニキビができるという人はスキンケアを改善すると治る事が多いので、
スキンケアの見直しをしてみるといいでしょう!


乾燥肌改善のメンズスキンケア

カサカサな乾燥肌はこれで改善!男性の乾燥肌の特徴と改善方法

乾燥肌は毎日のスキンケアでしっかりと肌を潤す事で改善する事ができます。
その肌を潤すためのポイント紹介していきます!

 

まずは保湿を徹底的にする!

乾燥肌の対策の基本中の基本は保湿をしっかりとして、
乾燥を防ぐ事です。

 

乾燥しやすい目元や口元は徹底的に保湿をしましょう。

 

保湿はしっかりと正しい方法を実践することも重要です。

 

⇒保湿の正しい方法はコチラを参考にしてください

 

保湿に使う化粧品やコスメは天然の保湿成分(セラミドなど)を含んだものや、
油分が多いクリームなどがオススメです!

水分補給をしっかりする!

体内の水分をしっかりと摂る事は、
肌の保湿をする上でも非常に重要です。

 

水分補給といっても、ジュースやコーヒーなどで水分の摂り過ぎは良くありません。

 

コーヒーにはカフェインが含まれていたり、ジュースには糖質が含まれています。

 

カフェインや糖質は少量であれば問題ありませんが、
大量に摂ると体に悪影響を及ぼします。

 

一息つくときに1杯飲む程度であれば問題ありませんが、
肌の保湿の為に摂るのであれば水が一番いいでしょう!

 

一日できれば2リットルくらい摂るのが理想ですが、
いきなりは難しいと思います。

 

まずは500ミリの小さいペットボトルを1日かけて飲むところから、
はじめてみてください!

部屋の乾燥対策をする!

冬になると空気が乾燥して肌のカサつきもピークになります。

 

肌の乾燥は生活する環境の影響も大きいので、
しっかりと生活環境を加湿する事で肌の乾燥を軽減できます。

 

湿度の高い夏は肌の乾燥が軽減するのも、
湿度が高いためです。

 

冬になると普段は40%〜60%ほどある湿度が、
30%以下になる事もあります。

 

エアコンやストーブなどをつけるとさらに乾燥したりもします。

 

加湿器を生活するところにはしっかりと置き、
部屋の湿度を60%くらいに保ってください。

 

最近ではコンパクトタイプの加湿器や、紙の加湿器など
様々なタイプのものが低価格でたくさんあるので選びやすいと思います。

 

加湿器が無い場合は、
風呂上がりのタオルを部屋干ししたりするなどでも代用できます。

食事から栄養を補給する

食事から栄養を補給する事で、肌の健康を保つことができます。

 

乾燥肌に特に重要な栄養素は、
ビタミンAとビタミンBです。

 

ビタミンAは皮脂の量を調整して肌のターンオーバーを正常にします。
ビタミンBは血液循環を良くして新陳代謝を活発にします。

 

魚に含まれるオメガ3系と呼ばれる油は、
肌の細胞膜のもとになるので乾燥肌を体内から改善してくれます。

 

ビタミンAが多く含まれる食材は、
レバー、ウナギ、カボチャ、にんじん、ホウレンソウ、春菊など、

 

ビタミンBが多く含まれる食材は、
卵、青魚(イワシ、サンマ、アジなど)、牛乳、納豆、緑黄色野菜などです。

 

野菜と青魚は積極的に摂りましょう!

乾燥がひどいときはパックやシートマスクを使う

肌の乾燥がひどく、気になるときには、
保湿のパックや、シートマスクなどを使って潤いを与えるのがオススメです。

 

これらのケアは毎日行うものではなく、
週に1〜2回くらいの頻度で行うのがいいでしょう。

 

洗顔後、化粧水を肌になじませたら、
パックやシートマスクをのせます。

 

各商品のの使用時間をしっかりと読み、
時間が経ったら外して、
乳液やクリームなどで水分を閉じ込めるのが良いでしょう。

 

パックやシートマスクは空気をなるべく入れず、
丁寧に肌に密着するように張るのがポイントです。


関連ページ

脂性肌(オイリー肌)
脂性肌(オイリー肌)の特徴やスキンケア方法について詳しく解説しています!べたつきやテカりを防止するにはどうすればいいのか?脂性肌は年をとるとどう変化していくのか?など詳しく解説していきます!
混合肌
脂っぽくテカっているところもあれば、カサついて乾燥しているところもある混合肌。スキンケアも難しいのですがしっかりとケアする事で改善します。そんな混合肌の特徴と対策を解説しています。