正しいメンズスキンケアの洗顔方法

洗顔の役割と効果

洗顔方法 男

洗顔には肌の汚れや皮脂を洗い落して、
化粧水や美容液、乳液などの化粧品の有効成分を受け入れやすくするための役割があります。

 

毎日の生活の中で肌には外気の汚れであるホコリや排気ガスが付いたり、
皮脂や汗などが過剰にでたりして汚れています。

 

そういった汚れは細菌や、雑菌の栄養となってしまいます。

 

雑菌や細菌が増殖すると肌にダメージを与えてしまい、
炎症などを引き起こすトラブル原因となります。

 

そういった汚れをしっかりと落とす事で、
肌に化粧品の有効成分がしっかりとなじむので、
効果が得られ綺麗で若々しい肌を保つことができます。


正しい洗顔の方法〜男性編〜

洗顔方法 男

正しい洗顔は5つのステップで行っていきます。

 

男性の場合は皮脂の分泌量が多いのでしっかりと洗って汚れを落としていきましょう!

 

洗顔の5つのステップ

  1. 顔全体を水かぬるま湯ですすぐ
  2. 洗顔料をしっかりと泡立てる
  3. Tゾーンを洗う
  4. Uゾーンや頬をあらう
  5. 水やぬるま湯ですすいでタオルでふく

 

以上の5つのステップです。

 

それでは、各ステップを詳しく解説していきます。

 

その1、顔全体を水かぬるま湯ですすぐ

洗顔する前に顔を水やぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。
ぬるま湯の場合は約30度〜35度くらいがいいでしょう。

 

熱いお湯を使うと肌の必要な皮脂まで洗い落としてしまうので、
ぬるま湯を使いましょう。

 

髪の毛などが垂れてきてしまう場合はヘアバンドなどを使用して髪を止めましょう。

 

その2、洗顔料をしっかりと泡立てる

洗顔料をしっかりと泡立てましょう、
べちゃっとした泡ではなく、
泡がふわっと立つように泡立てていきます。

 

きめ細かな泡を作る事で、
毛穴の中の汚れをしっかりと落としたり、
肌を摩擦から守る事ができます。

 

泡を作るのが難しい、苦手と感じたら、
100円ショップや薬局などで泡立てネットを購入すると、
簡単に綺麗な泡が作れます。

 

その3、Tゾーンを洗う

Tゾーンはおでこから鼻にかけてのラインです。

 

この部分は顔の中でももっとも皮脂の分泌が多いので、
先に泡をのせて洗うことで他の部分と時間差ができ、
均等に皮脂を洗い落とす事ができます。

 

ゴシゴシと強く洗い流す感じではなく、
泡を置いて肌になじませるような優しい感じがで洗っていきます。

 

その4、Uゾーンや頬など顔全体を洗う

頬から顎のラインであるUゾーン、目元、口元など丁寧に顔全体を洗っていきます。

 

この時も泡を使って優しく洗っていく事が大切です。

 

手の動かし方は上に向かって小さな円を描くような感じで手を動かしていくといいでしょう。

 

目元などは皮膚が薄く肌が弱いので特に注意して洗いましょう。

 

その5、水やぬるま湯ですすいでタオルでふく

水やぬるま湯ですすぎをしましょう。

 

洗顔料の洗い残しが無いようにしっかりとすすぐ事を意識して下さい。

 

洗い残しは肌のトラブルのもとになります。

 

しっかりと洗い落としたら、
キレイなタオルで顔をふいていきます。

 

この時にタオルでこすってふくのではなく、
タオルを優しく押しあててふいていきましょう。

 

洗顔の時や、タオルで拭くときに強くこすってしまうと、
炎症を起こしやすくなり肌トラブルのもとになります。


毎日の洗顔するときのポイント

洗顔方法 男

洗顔は毎日2回!朝と夜にする!

洗顔は朝起きた時と夜寝る前に行います。

 

夜は日中の大気のよごれやほこり、汗や皮脂などをしっかりと落とします。
朝は寝ているときに分泌した皮脂を洗い落とすために行います。

 

夜寝ているだけなら肌は汚れていないのでは?
と考える人もいるようですが、
寝ている時に分泌された皮脂はそのままにしておくと、
テカりやべたつきの原因になります。

 

古い皮脂は菌が繁殖してニキビの原因になったり、
しわやたるみなどにもつながりますので、
しっかりと朝も夜も洗顔料を使って洗ってください。

 

手で洗うのではなく泡で洗う

洗顔をする時に汚れを落とそうと手で一生懸命こするのはNGです。

 

肌を傷つけてしまい炎症やシワの原因になってしまいます。

 

洗顔料をしっかりと泡立てて、泡で洗うイメージで洗顔しましょう。

 

しっかりときめ細やかな泡を作ると、
泡に弾力が生まれて泡をなでるようなイメージでもしっかりと洗浄できます。

 

 

洗顔料は季節や環境で使い分ける

夏と冬では気温や湿度が変わります。
それによって皮脂や汗の分泌量も変わってきます。

 

夏の湿度や温度が高い時期には皮脂や汗は出やすく、
冬の乾燥して寒い時期には出にくくなります。

 

個人差もありますが、
冬と夏では皮脂の量は2倍くらい変わってきます。

 

それに応じた洗顔料を選ぶことで、
効果的なスキンケアを行う事ができます。

 

夏には洗浄力の高い洗顔料を、
冬には乾燥肌用などのしっとりタイプのものなど、
時期に合ったモノを選びましょう!


洗顔料の選び方

洗顔料には色々なタイプがあり、形状や成分が違います。

 

それぞれの洗顔料に特徴があり、
洗浄力や保湿力などが変わってきます。

 

肌質に合ったものを選び効果的なスキンケアをしましょう。

 

洗顔料の種類

 

洗顔フォーム

一般的な洗顔量でクリーム状のものが多い、
最も多くの種類があるタイプなので肌質などに合ったものを選びやすい。

 

種類は沢山あるので季節や肌質によってしっかりと使い分けよう。

 

泡タイプ

泡になって出てくるタイプ、
洗顔料を泡立てる必要が無いので便利、
泡タイプを使う時はきめ細やかな弾力のある泡がでるものを選ぼう!

 

固形タイプ

石鹸のような固形のタイプ、
洗浄力が高いものが多い。

 

脂っぽい肌やテカりを改善したい人にはオススメ!

 

パウダータイプ

粉末状の洗顔料で肌に優しいものが多い。
泡立ちにくいものもあるので、
洗顔ネットを使うなどして泡立てるといいでしょう。
敏感肌や乾燥肌の人にはオススメのタイプ

 

スクラブタイプ

スクラブ入りの洗顔料、
洗浄力が高く刺激が強い。

 

ちょっとした角質などは洗い落とす事ができるので、
肌が固くなったりしているときに使うと効果的。

 

毎日使うと肌に刺激が強すぎるので、
週に1〜2回くらいしっかりと洗うと効果的!

 

リキッドタイプ

水分量が多い洗顔料で泡立ちやすい。
さっぱりと洗いたい人にはオススメのタイプ!

 

関連ページ

うるおす
男性の為に肌を潤すための化粧水や美容液の補給の仕方を詳しく解説しています。
皮脂膜を作る
洗顔をして化粧水や美容液で水分を与えたら皮脂膜を作って水分の蒸発を防ぎましょう!その方法を詳しく解説しています!
髭剃り
髭剃りはやり方を間違えると肌を傷つけてカミソリ負けなどを引き起こしかゆみの原因になったりします。 この記事では正しい髭剃りの方法を詳しく解説しています。
UVケア
紫外線によるシミやシワは年を重ねるごとに目立ってきます。男性は特にケアをしない人が多いので、年齢を重ねるとシミが目立つ人を多く見かけます。この記事では紫外線対策のUVケアについて詳しく解説しています。